ブログ

食べると太りやすい時間

今回は食事の時間と体重の増加について少し触れてみたいと思います。
夜食べると太りやすいとよく言われますが、その理由は主に2つあります。

一つは神経の働きです。
昼は交感神経が優位に働き、夜は副交感神経が優位になります。
交感神経が活発であると、脂肪分解&燃焼がされやすくなります。
一方、副交感神経は消化吸収機能を活発にするので
エネルギーを溜めやすくする働きが強くなります。
昼は脂肪燃焼が活発になって、夜はエネルギーの溜め込む働きが強くなる、
つまり、夜は脂肪が蓄積しやすいということですね。

もう一つはビーマルワンというタンパク質です。
これは体内時計の為に働く時計遺伝子の働きです。

ビーマルワンが増加すると脂肪を分解して
エネルギーにする働きを抑制し脂肪合成を促進させてしまいます。
このビーマルワンが多く分泌されるのが22時~翌2時ごろになります。
なのでこの時間は太りやすい時間と言えますね。

 

 

◆野里駅近くでパーソナルトレーニングをお探しならISORA野里店へ
「糖質制限なし!三食きっちり食べて痩せる」
079-280-5115
〒670-0806 兵庫県姫路市増位新町1-8-2 A105

    

最近の記事

  1. 代謝って何?

  2. ストレッチは現代に必須

  3. どの栄養素が一番必要?

  4. ドローインの効果とは?

  5. 代謝の正しい意味