ブログ

脂質の適量は?

「脂質は太る」
そんなイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。
確かに炭水化物、タンパク質の1gあたり4kcalと比較すると
脂質は1gあたり9kcalもあるので太りやすいというのも間違いではありませんが
脂質は健康的な身体を維持、ダイエットにおいても大切な栄養素になります。
今回は脂質についてお伝えしたいと思います!

体内にある物質のうち、水に次いで多く含まれています。
ほとんどが内臓脂肪、皮下脂肪として貯蔵され必要に応じて
効率よくエネルギーとなって体を動かします。
脂質にはホルモンの材料以外にも細胞膜や核膜を構成したり、
皮下脂肪として臓器を保護したり、体を寒冷から守ったりする働きもあります。
そのため、脂質が不足すると脂溶性ビタミンがうまく吸収されません。
なので脂質が不足するとビタミンがうまく吸収できなくなり
肌の乾燥、血流が悪くなる、抗酸化力の低下、あざができやすいなどの症状が現れます。

その他には精神面が不安定になったり、身体的、精神的にエネルギー不足なる可能性も考えられます。
脂質はこういった役割があるのでどんなダイエットであっても、必要最低限は摂る必要があります。
1日に必要なエネルギー量のうち、脂質の摂取は20~30%が目安とされています。
※ここでいう脂質は良質な脂質のことです。

もちろん脂質過多な食事は体重が増加してしまう要因になってしまいますが
摂らなすぎも身体へのマイナス面も大きくしてしまうので、
脂質に限らすどの栄養素もそうですが、適度な制限、バランスの良い食事を心がける様にしましょう!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

只今、入会キャンペーン実施しております!
入会金¥¥15,000→0円
体験料¥5,500
→¥3,300(当日のご入会で無料)
お得なこの機会にぜひご利用くださいませ♪
キャンペーン詳細はコチラから

最近の記事

  1. 代謝って何?

  2. ストレッチは現代に必須

  3. どの栄養素が一番必要?

  4. ドローインの効果とは?

  5. 代謝の正しい意味