ブログ

炎症を抑える

筋肉を効率的につけていくには運動後、いかに素早く身体を回復させて
次のトレーニングで良いパフォーマンスを発揮できるかがカギになります。
身体の回復を促す食品と言われているものは沢山ありますが
今回は筋肉痛など炎症を抑えるのに有効な食品について書いていきます!

まず、筋肉がついていく時のザックリとしたメカニズムですが、
トレーニングなどで筋細胞が傷がつく→修復しようとする→その過程で筋たんぱくが合成され以前より細胞が大きくなる
といった感じになります。
この際トレーニングによって起こるわずかな傷は炎症反応としていわいる筋肉痛として起こります。
当然誰しも起こりうる現象ではありますが
過剰な炎症を起こしてしまうと逆に筋肉の成長を阻害する要因にもなります。
炎症は修復の過程で発生しそこで作られるサイトカインが筋肉の合成を阻害する可能性が指摘されてます。
トレーニング後は身体を回復させることを優先するほか、抗炎症作用のある食材、
を摂ることでサイトカインの濃度を低下させることができます。
特に抗炎症作用が期待できるオメガ3をたっぷり含んだ青魚は積極的に摂りたい食品ですね。
オメガ3脂肪酸の摂取量が増えると体内の炎症誘発性化合物であるサイトカインが減ります。
目安としては青魚を約85gを週2回ほど食べることをおすすめします。
魚が苦手な人はアマニ湯やクルミ油から摂るのが良いかと思います。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

只今、新春キャンペーン実施しております。
2024年スタートダッシュのチャンスです!
お得なこの機会にぜひご利用くださいませ。
キャンペーン詳細はコチラから