ブログ

寝る前に食べると太る?

あまり気にしなくて良い

夜寝る前に食べると太る・・
これは昔からよく言われていますね。
22時以降は脂肪細胞が中性脂肪を蓄えやすくなるからというのが根拠のようです。
確かに1日の最後の食事は22時までに食べておいて消化吸収を終わらせておくのが理想です。
ただ肝心なのは必要な栄養素を必要な量だけ摂れているかどうかです。
代謝が上がるメニューか?
栄養のバランスは良いか?
ここをしっかり意識できていれば時間はあまり気にしなくてもOKです。
例えば夜仕事で帰るのが遅くなることもあると思います。
代謝機能が衰えている人が寝る前に食べると太るというのを信じて夕食を抜いたりするのはNGです。
あと、0カロリーのゼリーや炭酸水だけでしのいで寝るというのもダメですね。
きっちり栄養のあるものを摂らないと代謝が下がって余計に痩せなくなりますので。
身体の代謝サイクルをうまく回してくれる栄養素を選んで食べれば何時に食べても太ることはないです。
なので夕食は遅くなっても良いのでなるべく抜かないようにしましょう!

※お問い合わせは→こちら

    

最近の記事

  1. 代謝って何?

  2. ストレッチは現代に必須

  3. どの栄養素が一番必要?

  4. ドローインの効果とは?

  5. 代謝の正しい意味