ブログ

何もない場所でつまずく・・・

何もないところで転びそうになった、階段を上がろうとしたらつま先が引っかかった
そんな”つまずき”のお悩みを感じていませんか?
つまずいてしまう原因は歩いている時に脚が上がっていないからです。
脚を持ち上げる時に収縮する腸腰筋を鍛えることでつまずきを解消することができます。

つまずきの原因は腸腰筋の衰え!

何もないところで転びそうになった、階段を上がろうとしたらつま先が引っかかった
そんなふうにつまずいてしまう時は決まって脚が上がっていません。
これは腸腰筋が衰えている証拠です。
腸腰筋は脚とお腹を繋ぐ筋肉で、脚を上げるたびに収縮します。
階段を登ったり腿上げをしたりと、膝がおへそ近くまで上がった時に腸腰筋が使われています。
なので、日常生活のウォーキング程度では鍛えることができません。
まして、在宅勤務デスクワーカーの生活では衰えているに違いない筋肉なのです。
また、腸腰筋が衰え、つまずき始めると次に起こるのは転倒です。
大人になってから転ぶと打ち身や捻挫、場合によっては骨折と大きな怪我へと繋がります。
股関節を動かして腸腰筋を鍛え、つまずきを予防するが何より大切です!

 

入会金+体験料金が無料となっております!

※お問い合わせは→こちら

    

最近の記事

  1. 代謝って何?

  2. ストレッチは現代に必須

  3. どの栄養素が一番必要?

  4. ドローインの効果とは?

  5. 代謝の正しい意味