ブログ

マシンと路上

外で走るのと室内でランニングマシンを使って走るのはどっちが良いのか?
気になっている方は多いと思います。
どっちが良い悪いではなくそれぞれ特徴があるので、こっちが絶対というのはありません。
外を走るのとマシンで走る
2つを比較した時の違いはなんでしょう?
まず外は自分の脚で前に進まないといけないので自ら動いていかなければばりません。
一方でマシンはベルトが動いてくれるので前に進むことができます。
前進するにはハム、臀筋が地面を蹴らないといけません。
そうすることで前進する力を利用して蹴った反対の脚を前に振り出せるのです。

反対にランニングマシンの場合、どうでしょう。
マシンの場合、蹴らなくても設置した脚がベルトによって後ろに引かれるので後に蹴らなくても良いのです。
なので脚を前に持ち上げる力のほうが頑張る必要があります。

ザックリまとめると・・
外でのランニングは後ろ側の筋肉が活躍(臀部、ハムストリング)
室内マシンでのランニングは前側の筋肉が活躍(大腰筋、大腿直筋)
といったような感じです。

最近は朝から猛烈に暑くとてもじゃないけど外で走るのは厳しいと感じますね。
その日の体調、気候なども考慮してくれぐれも熱中症にならないようお気をつけください。

 

 

※お問い合わせは→こちら

    

最近の記事

  1. 筋肉が増えるメリット

  2. お腹が減ったら何を食べるべき?

  3. 筋力トレのスタートは早いほうが良い?

  4. 代謝って何?

  5. ストレッチは現代に必須