ブログ

ダイエットに役立つアイテム3選

①脂肪の燃焼をサポートするカルニチン


カルニチンの効果としてよく挙げられるのが脂肪燃焼の促進。

カルニチンは体内の中の骨格筋に多く存在して
脂肪酸を細胞内に存在するミトコンドリアに運ぶ際に必要になる成分です。
ミトコンドリア内に脂肪酸が運ばれ酸化して燃焼されます。
つまりカルニチンを摂取することで脂肪燃焼促進や運動の効率を高める
といった効果が期待できるのです。

②糖の代謝を助けるα-リポ酸


上のカルニチンでも登場した脂肪の燃焼工場とも言われる

ミトコンドリアで働く補酵素の一つであるα-リポ酸
α-リポ酸が働くことによって司令塔のAMPKが活性化することで
ミトコンドリアが活性化して糖の代謝、脂肪の燃焼が起こります。
体内での糖を燃やす力が上がるので糖も消費されやすくなり太りにくいということですね、

③身体に脂肪を付きにくくするカテキン


カテキンと言えば、緑茶によく含まれていますが

カテキンは主8種類ほど存在しお茶などに含まれるカテキンは4種類ほど
その中でもガレート型カテキンというのが、食事での脂肪吸収を抑制することがわかっています。
食事から摂取した脂肪はそのまま身体に吸収されるわけでなく
体の膵臓からリパーゼ(脂肪の消化酵素)が働いて脂肪は分解され始めます。
そして分解されたものが小腸で吸収され、
そこからまた様々な過程をえて内臓脂肪に蓄積されていきます。
脂肪を分解する酵素がでないと脂肪は吸収されないので
単純に考えると、脂肪の分解酵素であるリパーゼの働きを阻害すれば良いということになります。
ガレート型のカテキンはこのリパーゼの働きを抑制してくれます。
脂肪の分解を抑制することで、最終的に脂肪が吸収されにくいということになります。
タイミングとしては油っこい食事を食べる時などに
一緒にガレート型カテキンを摂ると良いかもしれませんね。

 


◆野里駅近くでパーソナルトレーニングをお探しならISORA野里店へ

「糖質制限なし!三食きっちり食べて痩せる」
079-280-5115
〒670-0806 兵庫県姫路市増位新町1-8-2 A105

    

最近の記事

  1. 筋肉が増えるメリット

  2. お腹が減ったら何を食べるべき?

  3. 筋力トレのスタートは早いほうが良い?

  4. 代謝って何?

  5. ストレッチは現代に必須