ブログ

食後に眠くなるのは注意?

食後に異常なほど眠気を感じることはありませんか?
今回は血糖値スパイクについてお話しを。
血糖値スパイクとは食事をした後に血糖値が急激に上昇、下降する状態のことを指します。
普段の血糖値が正常でも食後に血糖値が以上に高くなる症状を食後高血糖と言い
一度上がりすぎた血糖値は反動で急降下します。
血糖値のグラフを見た時に急上昇と急降下を繰り返す様子が
尖った針のように見えることからそう呼ばれています。
血糖値スパイクは自覚症状がほぼありません。
というのも時間がたつと血糖値は正常な数値に戻るのと
定期健診の空腹時血糖値の測定では発見できないからと言われています。

血糖値スパイクを放置したままでいると動脈硬化が進んで血管が痛みやすくなり
炎症や酸化ストレスも起こりやすくなります。
この状態が長く続くと心疾患や脳卒中のリスク、認知症の進行にも関係すると考えられています。
食後に疲労感や耐えれないほどの眠気を感じる人は注意が必要です。

・朝食を抜く
・よくまとめ食いをする
・早食い(食事は10分以内)
・運動をする習慣がない
・BMIが25以上
・睡眠時間が短い(6時間以下)
・家族に糖尿病の人がいる
・外食が多い
・甘いお菓子やジュースをよくとる
・大量のお酒を飲む
・移動は車使うことが多い
・麺類、丼ものを食べることが多い
・野菜を全く食べない

上のチェックで当てはまる数が多い人は血糖値スパイクを招く可能性が高いので
ぜひチェックして普段の生活習慣を気をつけてみてくださいね。

 

◆野里駅近くでパーソナルトレーニングをお探しならISORA野里店へ
「糖質制限なし!三食きっちり食べて痩せる」
079-280-5115
〒670-0806 兵庫県姫路市増位新町1-8-2 A105

    

最近の記事

  1. 筋肉が増えるメリット

  2. お腹が減ったら何を食べるべき?

  3. 筋力トレのスタートは早いほうが良い?

  4. 代謝って何?

  5. ストレッチは現代に必須