ブログ

身体の酸化を防ぐ食品!

体がサビるという言葉を耳にすることがありますが、
これはどういった意味なのかというと主に身体が「酸化」することを指します。
病気や老化などの原因には日々の食事や生活習慣、ストレスなどが考えられますが
すべてのおおもとは「活性酸素」ではないかと言われています。
活性酸素は適切な量であれば、免疫機能においては欠かせない機能ですが
増えすぎてしまうと細胞を傷つけ免疫機能の低下や老化動脈硬化、がんなど
体にとって多くの悪影響をもたらします。
身近な例を挙げるとシミ、シワも活性酸素が増えすぎることで発生します。
このような活性酸素による悪影響を防ぐ為に人のもともと体内には活性酸素の除去や発生の抑制したり
体が受けたダメージの修復を担う抗酸化を防御してくれる機能が備わっています。
この抗酸化防御機構は体内で作られる抗酸化酵素や体外から摂取する抗酸化ビタミン
ポリフェノールといった多くの抗酸化物質によって成り立っています。
活性酸素が増えすぎると、抗酸化しきれなくなった活性酸素が溢れ体に悪さをします。
なので日々の食事などから意識して摂る必要があります。

抗酸化作用の為の摂りたい食品をとしては

・ビタミンC
パプリカ、サツマイモ、オレンジ、アセロラ、ブロッコリーなど
・ビタミンA
人参、ほうれん草、ピーマン
・ビタミンE
アーモンド、ヘーゼルナッツ
・ポリフェノール
緑茶、紅茶、ブルーベリー、ココア、ワイン
・βカロテン
トマト、人参、鮭

などが挙げられます!
普段偏った食事をしていたり、ストレスの多い方は積極的に食べるようにしましょう!

 

〒670-0806 兵庫県姫路市増位新町1-8-2 A105
◆野里駅近くでパーソナルトレーニングをお探しならISORA野里店へ
「糖質制限なし!三食きっちり食べて痩せる」
079-280-5115

    

最近の記事

  1. 筋肉が増えるメリット

  2. お腹が減ったら何を食べるべき?

  3. 筋力トレのスタートは早いほうが良い?

  4. 代謝って何?

  5. ストレッチは現代に必須