ブログ

視覚からの情報は70%

いきなりですが、片足で立ってみてください。
できたら今度は目をつむって片足立ちになってみてください。
当然といえば当然ですが、眼を閉じると平衡感覚が鈍るのでバランスをとるのが難しくなりましたね。
感覚器はそれぞれ外部から刺激を受け取る仕事をしており
その中でも眼は光を感知する器官で人の場合、70%は眼からで、残りは耳、皮膚や筋肉など入ってくると言われています。
つまり私達はほとんど目からの情報で生活しています。
また、視覚情報を眼から脳へ伝達する視覚器はおよそ100万本もの神経線維が
集まってできているといいますから眼からの情報というのがいかに大切かがわかりますよね。

トレーニング中や運動中に苦しくなってきた時、目を瞑っていませんか?
運動中に眼を瞑ってしまうと目からの情報が少なくなって余計にフォームが崩れてしまいます。
また代償動作といって本来使いたい、主体となる筋肉や関節を導入して行う動作ができなくなり
狙っていない筋肉に余計な刺激が入ってしまうことがあります。
きつくなった時こそ眼を瞑りたくなる気持ちグっとこらえ鏡を見ながら自分の姿を確認しながらトレーニングをしましょう!

 

只今、夏のダイエット応援キャンペーンを実施中です!
体験料、回数券がお得な料金でご利用いただけます。
期間は8月31日までとなっております。
お得なこの機会に是非ご利用くださいませ!(^^)!
【野里店限定】キャンペーン実施中! 詳細はコチラ

〒670-0806 兵庫県姫路市増位新町1-8-2 A105
◆野里駅近くでパーソナルトレーニングをお探しならISORA野里店へ
「糖質制限なし!三食きっちり食べて痩せる」
079-280-5115

    

最近の記事

  1. 筋肉が増えるメリット

  2. お腹が減ったら何を食べるべき?

  3. 筋力トレのスタートは早いほうが良い?

  4. 代謝って何?

  5. ストレッチは現代に必須