ブログ

血糖値が高いと・・

AGEsが原因?

AGEsという物質があります。
日本語にすると終末糖化産物と言ってタンパク質と糖質がくっついた物質です。
食パンなどをトースターなどで焼くと焦げ目というか茶色になりますよね。
これはタンパク質と糖が結合した時にできる反応で糖化というものになります。
炭水化物を摂取すると血糖という形で全身に運ばれますが、これが体内の筋肉や皮膚などタンパク質と結合したAGEsを作り出します。
それがシミや皮膚のたるみの原因なのではないかと言われています。
その他にも糖を摂りすぎることによって様々な病気のリスクが高くなる傾向があるようです。
血糖値が高い人ほど老ける速度が速いと言われるのはAGEsが関係しているからなんですね。

血糖値爆上がり食品は避けよう

「糖質を摂るな」ということではなく注意して摂ればOKです。
AGEsはなるべく急激に血糖値を上げるような食品を選ばないようにし、大量に摂取しなければ増加は防げます。
あとAGEsは身体の中で作られるだけでなく熱を通してすでに糖化した食べ物自体にも含まれていておりそこからも体内に取り込まれます。
熱処理されものを沢山体内に取り入れてしまうことも老化につながるということですね。
ジャンクフードや糖分タップリのジュースなどは特にAGEsが多く含まれており一緒に摂ると最もダメなコンビです。
細胞が老化するということと糖化はほぼ同じということを頭の片隅に入れておきましょう。

 

 

※お問い合わせは→こちら

    

最近の記事

  1. 代謝って何?

  2. ストレッチは現代に必須

  3. どの栄養素が一番必要?

  4. ドローインの効果とは?

  5. 代謝の正しい意味