ブログ

若い頃のようには・・・

30代後半ぐらいになると、「なかなか体重が減らない」と感じる人が多いと思います。

これは、加齢とともに代謝、つまり消費エネルギーが少なくなるためです。

代謝おちる根本的な原因のひとつは「筋肉量の減少」にあります。

筋肉量の減少により、基礎代謝が落ち、体内に溜め込まれる脂肪が徐々に増えるというわけです^^;

運動などしない生活だと、筋肉の量は30歳ぐらいをピークに減り始めて

70歳台で約3分の2の筋肉量になります。

人間の体はうまくできていて、筋肉を使わないのなら、筋肉を減らしてエネルギーの消費を節約しようとします。

筋肉は体のエネルギー消費の約4割を占める「最大のエネルギー消費者」です。

適切なトレーニングをすれば30歳を過ぎても筋肉は太くなります♫

筋肉量の減少をおさえるためにも、早いうちから筋トレをし、生活の向上に努めたいですね♪

 

 

体験トレーニング当日にご入会いただきますと、入会金+体験料金が無料となっております

※お問い合わせは→こちら

    

最近の記事

  1. 筋肉が増えるメリット

  2. お腹が減ったら何を食べるべき?

  3. 筋力トレのスタートは早いほうが良い?

  4. 代謝って何?

  5. ストレッチは現代に必須