ブログ

腸内細菌が体調を左右する

腸内細菌には善玉菌と悪玉菌、日和見菌があります。
一度は聞いたことあるのではないでしょうか。
健康的な人の理想的なバランスは善玉菌20%、悪玉菌10%、残り70%が日和見菌になります。
最も割合の多い日和見菌は善玉菌、悪玉菌のどちらか優勢なほうに味方につきます。
つまり腸内の環境をよくしたいのであれば、善玉菌を強くして日和見菌を味方につけることが必要になります。
ではなぜ腸内環境をよくする必要があるのでしょうか。
それは免疫力と密接に関わりがあるからだと言えます。
全身の免疫細胞のうち約60~70%は腸にあります。
それだけ腸は大事な場所ということですね。
免疫力が高くなると風邪やウイルス性の病気になりにくくなりアトピーや花粉症などアレルギー症状の予防
便秘の改善、
他にもガンの予防効果も期待できます。
食の欧米化に伴い大腸がんが増えてきていますが、納豆やみそなど乳酸菌が豊富な食品や
食物繊維の多い野菜を食べなくなったのが原因の一つではないかと言われています。

腸内環境を整える乳酸菌、みなさん摂れていますか??

只今、夏のダイエット応援キャンペーンを実施中です!
体験料、回数券がお得な料金でご利用いただけます。
期間は8月31日までとなっております。
お得なこの機会に是非ご利用くださいませ!(^^)!
【野里店限定】キャンペーン実施中! 詳細はコチラ

〒670-0806 兵庫県姫路市増位新町1-8-2 A105
◆野里駅近くでパーソナルトレーニングをお探しならISORA野里店へ
「糖質制限なし!三食きっちり食べて痩せる」
079-280-5115

    

最近の記事

  1. カリウムで解消!

  2. 悪い油と良い油

  3. お腹が減るのは何故?

  4. ベストな体温とは?

  5. 食事で変わる?睡眠の質