ブログ

筋力トレのスタートは早いほうが良い?

今回は加齢によって起こるサルコペニアについて少し触れてみたいと思います。
サルコペニアとは加齢性筋委縮症といい
加齢のよって筋肉が萎縮するという老化現象の一種です。
体重を支える下肢の筋肉や姿勢を支える背筋群
といった日常生活に直結した筋肉ほど加齢による筋委縮は激しく進行します。
いくつになっても元気に活発に動いて生活していくためには
このサルコペニアを防ぐかがとても重要です。

加齢による筋委縮は個々の筋細胞が萎縮するだけでなく
筋繊維の数が減ることによって起こります。
例えば太ももの前側の筋肉大体四頭筋の外側広筋は30代ころから徐々に
筋細胞が減りはじめ50~60歳あたりから急激に減っいき
なんと80歳まで20歳の頃に比べて半分以上まで減ると言われています。
太ももの筋肉は見た目的につけたがらない人も多いですが、
老後のことを考えると少しぐらいは鍛えておいてもよいかと思います。

一度死んだ筋細胞は基本的には入れ替わることはなく
サルコペニアによる筋細胞の減少は細胞が死んでいくことで起こります。
なので、サルコペニアが急速に進む50,60代までに
早め早めの対策をして貯筋しておきたいですね。
老化という現象は誰しも避けることはできませんが、進行を遅らせることは可能です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

只今、入会キャンペーン実施しております!
入会金¥¥15,000→0円
体験料¥5,500
→¥3,300(当日のご入会で無料)
お得なこの機会にぜひご利用くださいませ♪
キャンペーン詳細はコチラから

最近の記事

  1. 筋肉が増えるメリット

  2. お腹が減ったら何を食べるべき?

  3. 筋力トレのスタートは早いほうが良い?

  4. 代謝って何?

  5. ストレッチは現代に必須