ブログ

筋肉が攣ったらミネラル不足

運動中にお腹が攣ったり、就寝中にふくらはぎが攣って目が覚めた・・等々
こんな経験ありませんか?
筋肉が痙攣するといった症状が多い方は水分不足
もしくは、マグネシウムが不足している可能性が考えられます。
マグネシウムとカルシウムがはブラザーイオンと言われており
二種類のミネラルが連携して筋肉が動いています。
マグネシウムが不足すると筋肉内にカルシウムが多くなり収縮が過剰に起きて痙攣に繋がります。
マグネシウムが不足すると筋肉がつるといった症状以外にも
・不安、パニック発作
・うつ病
・不眠
・糖尿病
・高血圧
といったことにも繋がりやすくなります。

マグネシウムは様々な代謝活動のサポート役として働いており
食生活や生活習慣の乱れによって不足が起きやすい栄養素になります。
特に海藻類にはマグネシウムが豊富に含まれているので
(海苔1300mg、わかめ1100mg、こんぶ540mg(100gあたり)
お味噌、スープ、サラダなどに入れると簡単に摂れるのでおススメです。

マグネシウムは別名リラックスミネラルとも言われています。
リラックスホルモンであるメラトニンを作る過程で必要なミネラルです。
メラトニンが不足すると質の良い睡眠がとれず体調不良の原因にもなります。
‘マグネシウム‘是非意識して摂取してみてくださいね!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

只今、新春キャンペーン実施しております。
2024年スタートダッシュのチャンスです!
お得なこの機会にぜひご利用くださいませ。
キャンペーン詳細はコチラから

最近の記事

  1. 代謝って何?

  2. ストレッチは現代に必須

  3. どの栄養素が一番必要?

  4. ドローインの効果とは?

  5. 代謝の正しい意味