ブログ

脂肪と筋肉は別物?

筋肉が脂肪に変わった・・・ こんな話を耳にしたことありませんか?
実際、筋肉が脂肪に変わることってあるのでしょうか。
結論から申しますと、筋肉と脂肪は全くの別物で脂肪になったり筋肉になったりすることはありません。
筋肉はタンパク質で脂肪は主に脂質でできています。
そもそも材料が違うので、脂肪が筋肉に筋肉が脂肪に変わる・・ということないのです。
筋肉が脂肪に変わって見えるとしたら、
それは単に筋肉が減って脂肪が増えたということになります。
運動不足などで筋肉が減ると代謝が落ちて脂肪がつきやすくなるため
筋肉が脂肪に変わったと思われやすいのかもしれませんね。
多くのパターンは摂取カロリーが消費カロリーを大きく上回っている状態です。
例えば、学生時代に沢山運動することで食べた物のカロリーを消費していたのが
運動量が減ったことで、エネルギー消費量が減り余ったエネルギーが体脂肪と蓄積されているといった状態です。
また、時間が経てば使われなくなった筋肉は不要なので減らしていきます。
身体は筋肉に限らず使わなくなったものは不要と判断して機能を退化させていきますので。
筋肉量が減ると基礎代謝が下がり一日の消費カロリーが減る→痩せにくい身体になる
といったことで結果、筋肉が脂肪に変わったのではなく筋肉が減り脂肪が増えた
というのが正しい見方ではないかと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

只今、ホットペッパーにてご入会キャンペーンを実施中です!
体験料、回数券がお得な料金でご利用いただけます。
【ご新規様限定】ホットペッパーのクーポンご利用で
8回チケット 通常\40,000→36,000
4回チケット 通常\22,000→20,000
お得なこの機会に是非ご利用くださいませ!(^^)!
期間は12月末日まで!

最近の記事

  1. 代謝って何?

  2. ストレッチは現代に必須

  3. どの栄養素が一番必要?

  4. ドローインの効果とは?

  5. 代謝の正しい意味