ブログ

脂肪が燃える仕組み

脂肪が燃える、体脂肪を燃焼させる、というお話をよく聞きますが
脂肪が燃焼される仕組みを知っているという方は少ないのではないでしょうか。
今回は脂肪が燃える仕組みについて書いてみたいと思います!
身体についている余分な脂肪は過剰になったエネルギーが形を変えて
白色細胞に蓄えられたもので、脂肪を燃やすとは
この貯蔵された固形燃料を消費するということです。

この体内に蓄えられた燃料でもある脂肪は分解しないと燃やせません。
身体の各組織はエネルギーとして中性脂肪を利用するには
遊離脂肪酸という形に分解される必要があります。
空腹時や運動時などエネルギーが必要になると交感神経が活発になってリパーゼと呼ばれる消化酵素が
活性化されて、脂肪酸とグリセロールに分解されます。
血中に放出された脂肪酸は全身に運ばれエネルギーとして利用されます。
しかし、消費しきれず余ったものは再び結合して中性脂肪になって
いつか利用する時の為に体内の脂肪細胞に蓄えられます。
それが皮下脂肪や内臓脂肪という形になります。
まとめると、、、脂肪を燃やす為にはまずは脂肪を分解して
それからエネルギーとして利用することで脂肪を燃やすということになります!

 

〒670-0806 兵庫県姫路市増位新町1-8-2 A105
◆野里駅近くでパーソナルトレーニングをお探しならISORA野里店へ
「糖質制限なし!三食きっちり食べて痩せる」
079-280-5115

    

最近の記事

  1. カリウムで解消!

  2. 悪い油と良い油

  3. お腹が減るのは何故?

  4. ベストな体温とは?

  5. 食事で変わる?睡眠の質