ブログ

胃のサイズは変わる?

胃は伸び縮みする

胃袋を大きくする、小さくなった・・・
とよく聞くことありますよね。
確かに沢山食べると、一時的に胃が大きくなるという事は
ありますが、、
実際に大きくなったままというわけではなく
胃袋自体は伸び縮みする臓器なので
沢山食べ物が入れば一時的に膨らみ
消化して腸へ送り出せば元のサイズに戻ります。
つまり基本的な胃のサイズは
変化することはありません。
内容物のサイズにあわせて膨張しているということですね。

脳が関係している?

お腹がいっぱいになったと感じるのは
胃ではなく脳になります。
食事をして、血糖値が上がって、脳の満腹中枢を刺激し、脳から信号がでる
という一連のながれになります。
脳から「もうお腹いっぱい!」と合図がでた時に
満腹を感じられるようになっています。

「お腹いっぱい」の合図のタイミングは変わる

沢山食べても脳から満腹信号がでなければ
「お腹がいっぱい」とはならずに
逆に少量でも脳から満腹信号さえでれば
「お腹いっぱい」になるのです。

満腹の合図を出すタイミングは変化します。
大食いを続けていると、
脳は慣れてきて満腹信号を出すタイミングが遅くなります。
逆に少食が続くと、
脳は少量の食事でも脳は満腹信号を出す
ようになります。

入会金+体験料金が無料となっております!

※お問い合わせは→こちら

    

最近の記事

  1. 代謝って何?

  2. ストレッチは現代に必須

  3. どの栄養素が一番必要?

  4. ドローインの効果とは?

  5. 代謝の正しい意味