ブログ

肉食が太るとは限らない

低カロリーの食事をしているけどやせない・・
とお悩みの方、お肉や卵を極端に避けていませんか?
動物性のタンパク質は筋肉の構成源として最も体内に吸収しやすいです。
大豆製品などで補えないタンパク質を補填するという意味でもしっかり摂っていきたいですね。
肉食が太るということが未だに言われていますが、それは単に食べすぎなだけであって豆腐でも納豆でも食べすぎれば太ります。
植物性のものだけ食べてすべての身体を変えていくのはかなりの知識がないと難しいです。
動物性のタンパク質を食べずに痩せたけど筋肉が落ちた・・
という食生活はオススメしてないです。
ちなみに、お肉を選ぶ時の注意点ですが、牛肉の場合ダイエット中はモモ、ヒレなど赤身の多い部分を選びましょう。
お肉の目安量は80g~100g程度がベストですね。

※お問い合わせは→こちら

    

最近の記事

  1. 代謝って何?

  2. ストレッチは現代に必須

  3. どの栄養素が一番必要?

  4. ドローインの効果とは?

  5. 代謝の正しい意味