ブログ

筋肉の成長

まず神経から適応する

マシンや器具を使って日々トレーニング行っていると筋肉はどんな風に成長していくのでしょうか。
運動をする、身体を動かす、全ての元は筋肉ですから成長していく過程をしることは大切です。
トレーニングをすると急激に筋肉が肥大するというよりは神経系の適応とともに大きくなっていきいます。
神経と筋肉は繋がっている為、筋肉は脳からの司令を受けて動作が開始されます。
つまり脳の司令から神経系の動員に始まり、それを伴う筋繊維の動員率が上昇して様々な動作が可能になります。
トレーニングを継続している人ほど多くの筋肉を運動へ動員することができ徐々に力強さがアップします。
これを神経系の適応といいます。

1ヶ月あたりから付いてくる?

神経系が適応しようとしているのを「神経系適応期間」といいます。
筋肉を目覚めさせている期間でこれは大体数週間ほどかかります。
ここから更にトレーニングを続けていくと目覚めさせている期間を超えていきます。
その後、1ヶ月程度で筋肉の横断面積が大きくなって筋肉の肥大期間な入ります。
そしてここから更に筋力アップや身体のメリハリを作っていくには2~3ヶ月必要になってきます。
トレーニングを初めて目に見えて効果がない、全然実感がないという人は焦らないでくださいね。
身体の中はこういうプロセスをふんで少しずつ成長していっていますので。

 

※お問い合わせは→こちら

    

最近の記事

  1. 代謝って何?

  2. ストレッチは現代に必須

  3. どの栄養素が一番必要?

  4. ドローインの効果とは?

  5. 代謝の正しい意味