ブログ

筋肉が硬くなる?

筋肉の変化

一時的に筋肉が筋肉の柔軟性が低いまたは硬くこわばった状態を筋緊張といいます。
これには2つの要因があり1つは材質的な変化によるもので、もう一つは筋肉に無駄な力が入ってしまう神経系的な要素です。
じっと動かさずにいたり力が入り続けた状態でいると筋肉の硬さは時間と共に増していきます。
起床時同じ姿勢を取り続けた時に筋肉が硬くなっているのはこれが関係しています。
硬くなった筋肉はストレッチなどで材質を柔らかくすることができます。
寝起きによくグーッと背伸びすることがありますが、硬くなった筋肉を柔らかくするための自然な行動といえますね。

疲労で硬くなる

筋肉に疲労が溜まっている時や筋肉痛が起きている時に筋肉は硬くなっていますが、
この時は筋肉はわずかながら収縮活動をおこしています。

おそらく痛みなどの刺激が原因で力が入ってしまうのではないかと言われています。
日頃、身体が硬いなと感じている人は一日に5分程度のストレッチを習慣化しましょう。
筋肉を柔らかくしてコンディションを整えておくこともボディメイクには大事ですからね。

 

※お問い合わせは→こちら

    

最近の記事

  1. 代謝って何?

  2. ストレッチは現代に必須

  3. どの栄養素が一番必要?

  4. ドローインの効果とは?

  5. 代謝の正しい意味