ブログ

第三の脂肪?のはなし

脂肪の種類
人の身体につく脂肪は主に皮下脂肪と内臓脂肪があります。
皮下脂肪とは名前のとおり皮膚のすぐ下にある脂肪のことです。
主な役割は外部からの刺激や衝撃をやわらげたり、体温を保ったりエネルギーを蓄えたり
健康的な身体を維持する上ではある程度必要なものでもあります。
少しずつ蓄積されていくのでほおっておくと肥満体型に近づいていきます。
内臓脂肪は胃や腸など内臓の周りにつく脂肪のことになります。
皮下脂肪の増加は見た目での変化という点でははっきりとわかるのですが
内臓脂肪はパっと見細い人でも実は脂肪の割合が多い隠れ肥満だったという場合もよくあります。
内臓脂肪が高い状態を放置しておくと高血圧、高血糖、生活習慣病のリスクが増えます。
ただ、内臓脂肪は増えやすい反面、皮下脂肪に比べると落としやすいのが特徴です。

異所性脂肪がつくと良くない理由は?
よく知られているのは皮下脂肪と内臓脂肪の2種類ですが、実はもう一つあり
上で挙げた以外のところに蓄積されることが分かっています。
異所性脂肪といって本来なら溜まるはずのない臓器に脂肪が蓄積していくのです。
筋肉や心臓、膵臓など本来つくはずにない所に脂肪がつくことから第三の脂肪とも呼ばれています。
食べ過ぎ飲み過ぎが続いていくとはじめは脂肪細胞が脂肪を蓄積しようとするのですが
この状態が続くと徐々に脂肪細胞が大きくなり過ぎて脂肪を蓄えれなくなった結果、筋肉や心臓、膵臓、肝臓などに溜まっていきます。
異所性脂肪の蓄積がなぜよくないのかというとインスリンの分泌が能力が低下して糖尿病を発症しやすくなるからです。
体脂肪を減らすことは単に体型を整えるというだけでなく
生活習慣病を予防する為にも大変重要ですので、日々の健康的な食事に加え適度な運動を心掛けたいですね。

 

 

只今、夏のダイエット応援キャンペーンを実施中です!
体験料、回数券がお得な料金でご利用いただけます。
期間は8月31日までとなっております。
お得なこの機会に是非ご利用くださいませ!(^^)!
【野里店限定】キャンペーン実施中! 詳細はコチラ

〒670-0806 兵庫県姫路市増位新町1-8-2 A105
◆野里駅近くでパーソナルトレーニングをお探しならISORA野里店へ
「糖質制限なし!三食きっちり食べて痩せる」
079-280-5115

    

最近の記事

  1. 筋肉が増えるメリット

  2. お腹が減ったら何を食べるべき?

  3. 筋力トレのスタートは早いほうが良い?

  4. 代謝って何?

  5. ストレッチは現代に必須