ブログ

玄米とお腹

食物繊維の摂り方

食物繊維は不溶性と水溶性の二種類に分かれます。
食物繊維はとりあえず摂っておけばお通じがよくなる・・
という単純なものではありません。

不溶性の食物繊維に偏っていると逆に便秘の原因にもなってしまう可能性もあります。
さて、玄米を食べているけどお腹が張って苦しいという方。
これは玄米に含まれる不溶性の食物繊維が原因かもしれません。
不溶性の食物繊維は水分を吸収して腸内で10倍に膨らんでカサを増やす役割をしています。
このカサを利用して便を押し出すには水溶性の食物繊維も必要になってきます。

水溶性の食物繊維を意識!

一般的な食品の多くは不溶性の食物繊維が多く水溶性の食物繊少ないです。
お食事の際は海藻類、イモ類、根菜類、きのこ類、豆類などを積極的にとり入れ不足しないようにしたいですね。
朝食に果物なんて良いですね。
玄米でお腹が張るという人は無理して食べないようにしましょう。
水溶性の食物繊維の多い押し麦をお米に混ぜて食べても良いですね。

 

只今、ダイエットキャンペーンを6月30日(木)まで実施しております!
期間内にご予約をいただくと、お得なキャンペーン価格でご利用いただけます。
お得なこの機会ぜひご利用くださいませ。
【夏目前】ダイエットキャンペーン
詳細はコチラから→ https://isorafitness.com/news/campaign/

    

最近の記事

  1. カリウムで解消!

  2. 悪い油と良い油

  3. お腹が減るのは何故?

  4. ベストな体温とは?

  5. 食事で変わる?睡眠の質