ブログ

炭水化物をエネルギーへ

ビタミン群が深く関わっている!

炭水化物をエネルギーに変えるのはビタミンB群です。
身体がエネルギーを作り出す時に働く栄養素は
ビタミンB群、コエンザイムQ10、マグネシウム・・
これらがあると取り込んだ炭水化物はエネルギーとして使われやすくなります。
つまり、上で挙げた栄養素が不足すると炭水化物がエネルギーとして使われにくく
体脂肪として蓄えられる確率も高くなります。
また、身体の代謝サイクルもうまく機能しないのでトレーニングの効率が下がったりします。



不足しやすいビタミンB群

現代の食生活で不足しやすいのが、ビタミンB群
お米を精米した時にできる米ぬかにはビタミンB群が豊富に含まれています。
ビタミンBをたっぷりと含んだところを捨てているので
ちょっと勿体無いですね、
白米より玄米を食べようと勧められる理由がわかりますね。
ビタミンB群を多く含むおすすめの食品は

・アボガド  ・豚レバー ・サバ
・カツオ   ・うなぎ  ・あさり
・鮭      ・マグロ  ・ブリ
・豚ヒレ   ・牡蠣   ・鶏胸

これらの食品のうちどれか一品は毎日食べるようにしたいですね。

入会金+体験料金が無料となっております!

※お問い合わせは→こちら

    

最近の記事

  1. 代謝って何?

  2. ストレッチは現代に必須

  3. どの栄養素が一番必要?

  4. ドローインの効果とは?

  5. 代謝の正しい意味