ブログ

ジュースより果物

固形で食べるのが一番良い

果汁100%のフルーツジュース、美味しいですよね。
オレンジ、ブドウ、リンゴ、グレープフルーツ
冷蔵庫でキンキンに冷やして飲むと最高です。
果物は栄養が豊富ですので毎日でも摂りたいですが、
値段も高く皮をむいたりして食べるのに手間がかかるので面倒だったりしますよね。
その点、フルーツジュースだと手軽にさっとエネルギーが補給できます。
果物自体が持っていた栄養すべては補給できないですが、コーラなどの清涼飲料水に比べれば少しだけ栄養素は摂れます。
ただ気を付けたいのが、健康的な飲料というイメージで頻繁に水がわりに飲むのは危険です。
果物には果糖が含まれるのですが、液体にすると簡単に大量摂取できてしまうので注意が必要ですね。
一日あたりコップ一杯程度(200ml)が適切な摂取量という報告もありますのでこの量を目安にしましょう。

果汁100%ジュースは2種類ある

果汁100%ジュースは2種類あり濃縮還元タイプとストレートタイプがあります。
濃縮還元タイプは一度水分を飛ばし濃いペーストのようなジュースの素を作ります。
そこに再び水や香料、砂糖、添加物を加えて還元したものが濃縮還元果汁100%のジュースとなるのです。
この作業を行うことで原材料の輸送コストを抑えることと長期間の保存が可能になるのですが、
その代わりとして加工の過程で多くの栄養素や風味が失われています。

ストレートタイプは先ほどの濃縮還元作業を行わず搾り取った果汁そのまま加熱殺菌しそのままパックしたものになります。
何も加えないのが基本になります。
コストもかかるのでその分値段も高く、あまり日持ちもしません。
栄養素自体はさほど差はないですが、国産の果物を使用した商品がほとんどなので添加物や香料が気になる人や風味を楽しみたい人はストレートがいいかもしれませんね。

ちなみに、、ダイエット中の人でビタミンや食物繊維を摂りたい人はジュースはなるべく避けて果物そのものから栄養を摂るようにしましょう。

 

※お問い合わせは→こちら

    

最近の記事

  1. 代謝って何?

  2. ストレッチは現代に必須

  3. どの栄養素が一番必要?

  4. ドローインの効果とは?

  5. 代謝の正しい意味