ブログ

日々の少しの意識で腸は変わる!

腸活ブームで、発酵食品や腸活フードをたくさん目にする機会が増えました。
いろんなものを試して見るのもいいですが、まずは普段の生活の中で「腸内環境を整える」方法を試してみましょう♫

腸内環境を整える意味は?

腸内には、1000種類の細菌が100兆ほど生息していると言われています。
その腸内細菌は大きく3種類に大別され、いわゆる「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」と呼ばれています。
そして、これら3種類の菌のバランスが2:1:7であることが好ましい腸の状態と言われ
このバランスを維持する=腸内環境を整えることが重要です。
そんな腸は、私たちの体にとって重要な役割を担っています。
★免疫力を高める
腸内環境が整えば、免疫細胞が活動しやすくなり、全身の免疫力をアップさせます。
また、腸内の善玉菌は私たちの免疫細胞を刺激し、活性化させる働きを持っています。
★栄養素の代謝を促進
腸内環境が整った状態の場合、この消化・吸収作業を効率よく行い、エネルギーの生産がうまくできます。
これと同時に、腸は不要となった老廃物を体外へ排泄させる作業も行っています。

腸内環境を整える生活習慣

★睡眠をしっかりとる
日本人は世界的にみても睡眠時間が短い国と言われています。
睡眠は脳の神経系にとって重要な休息です。
加えて、腸と脳は繋がっていて、お互いに連携しあって働いています。
そのため、脳が休めずに不調が続くと、腸へと影響してしまう可能性があります。
最近では、腸内環境が悪化すると睡眠パターンが乱れるという報告もあり、腸と睡眠は両方向から関わっているといえます。
腸の働きを最大限にするためにも、しっかり睡眠を確保するようにしましょう。
★適度な運動をする
ウォーキングやジムでの運動は、体の血流をよくします。
血液に含まれる赤血球は、酸素を運ぶポケットを持っており、血流が良くなることで全身に酸素が巡ります。
その結果、腸の血流も良くなることで腸へと程よく刺激を与え、腸の動きが活発になります。
腸の動きが活発になると、便通改善や栄養素代謝促進などの嬉しい効果が期待できます。
★できるだけ同じ時間に食事と睡眠をとる
腸と脳は繋がっているため、このように神経系が乱れてしまうと腸も乱れてしまう可能性があります。
毎日の生活リズムを一定にすることで腸のリズムも整えてあげることができ、腸内環境が整います。

 

入会金+体験料金が無料となっております!

※お問い合わせは→こちら

    

最近の記事

  1. 筋肉が増えるメリット

  2. お腹が減ったら何を食べるべき?

  3. 筋力トレのスタートは早いほうが良い?

  4. 代謝って何?

  5. ストレッチは現代に必須