ブログ

成長ホルモンが重要

成長ホルモンは肥満と関係があると言われています。
成長ホルモンは眠っている間に分泌されるホルモンで
身体にとってとてもプラスな作用があります。
なかでも細胞の修復作用から「アンチエイジングホルモン」とも言われています。
さらには体内で蓄積された脂肪を分解する働きがあります。
人は眠っている間も呼吸をしたり汗をかいたり身体は機能し続けているので
成長ホルモンの分泌を行い更にカロリーの消費をしています。
個人差はありますが、しっかり眠ると一日で300kcal程度を消費するとも。
逆に、睡眠時間が短かったり眠りが浅かったりすると
成長ホルモンの分泌は落ちてしまいます。
本来消費されてたはずのカロリー消費が減ってしまうので
脂肪がどんどん蓄積していってしまうということにも繋がっていきます。
よく中年になると太りやすくなると言いますが
加齢と共に代謝が落ち、また運動不足によって筋肉量が減る
ことに加え睡眠不足や睡眠の質の低下によることも影響すると考えられています。

 

◆野里駅近くでパーソナルトレーニングをお探しならISORA野里店へ
「糖質制限なし!三食きっちり食べて痩せる」
079-280-5115
〒670-0806 兵庫県姫路市増位新町1-8-2 A105

    

最近の記事

  1. 代謝って何?

  2. ストレッチは現代に必須

  3. どの栄養素が一番必要?

  4. ドローインの効果とは?

  5. 代謝の正しい意味