ブログ

筋トレと骨の関係

人が生きて行く為には筋肉は欠かせません。
歩く、走る、階段を上る・・
筋肉を日常的に使っていても、年齢とともに徐々に落ちていきます。
今は医療が進んで平均寿命が延びてきていますが
日本では加齢による筋力低下を指すサルコペニアが問題視されています。
また筋肉と同じように身体の機能として大事なのが骨です。
骨も年齢とともに特に更年期にもろくなりやすくなることが知られています。

一度骨折してしまうと、日常生活が困難になり
筋肉量の低下にもつながってそのまま寝たきりになる可能性も高くなります。
更年期は女性では50代から始まり、男性は更年期は70代以降に始まることが
多いとされています。

筋肉量と骨の関係ですが
筋肉量が多い人ほど骨密度が高いと言われています。
筋肉の量と骨の丈夫さには相関性があることがわかっています。
直接的な関係は分からないのですが
筋肉が十分にあることで日常的生活を活発に送れて
身体を動かすことで骨に力学的な刺激が加わりやすくなる
これで骨が形成が促され骨が丈夫になるのではないかと考えられてるようです。

 

◆野里駅近くでパーソナルトレーニングをお探しならISORA野里店へ
「糖質制限なし!三食きっちり食べて痩せる」
079-280-5115
〒670-0806 兵庫県姫路市増位新町1-8-2 A105

    

最近の記事

  1. 代謝って何?

  2. ストレッチは現代に必須

  3. どの栄養素が一番必要?

  4. ドローインの効果とは?

  5. 代謝の正しい意味