ブログ

和食を勧める理由

ダイエットは和食中心のメニューにした方が痩せる
これはよく聞きますよね。
その一番の理由としては
洋食は和食に比べ油が多く使われるメニューも多く全体的にカロリーが高い傾向にあるから
と言われていますが、味付けも大きく関係しているようです。

日本の食事はすべて共通して塩味とうま味で味付けがされています。
これが満足感を引き出すのです。
和食特有のうま味成分であるグルタミン酸がカギを握っています。
グルタミン酸は天日干しのかつお節、昆布、魚介類、みそ、しょうゆ、乾燥したキノコなど多く含まれています。
和食では頻繁に使う食材ですね。

通常、満腹状態になると苦しくなりそれ以上食べれないので
脳がストップをかけそこから満足感が生まれ食欲を抑えるのですが
和食はお腹いっぱい、つまり満腹状態になる前に胃にまだ食べれる状態であっても
満足感が生まれ食欲にブレーキをかけてくれるのです。
糖質と脂質の塊であるスイーツを食べた時にエンドルフィンなどの快楽物質が放出されますが
うま味成分であるグルタミンを摂取した時も同様に脳が満足感を感じるようになっています。
お腹が減った時はいきなり高カロリーな物を食べるのではなく
だしのうま味を活用した低カロリーのメニュー料理を積極的に食べるようにすると良いですね。

 

    

最近の記事

  1. やけ食いを防ぐには?

  2. 筋肉が増えるメリット

  3. お腹が減ったら何を食べるべき?

  4. 筋力トレのスタートは早いほうが良い?

  5. 代謝って何?