ブログ

同じ重さでもサイズが違う?

昔にからよく見かける古い写真ですが、
この上の2つの塊を見比べてみてどっちが重たそうに見えますか?
赤いのが筋肉で白いのが脂肪ですが、どちらも同じ重さです。
筋肉は脂肪の約1.2倍の重さがあり、密度が2割程度高いと言われています。
同じ1kgなら筋肉よりも脂肪の体積が0.2㎡大きいです。
例えば、同じ身長と体重の2人がいても、筋肉量と脂肪量で見た目が大きく変わるということですね。

さて、筋肉量が増えると代謝が良くなり太りにくくなると言われてます。
では、筋力トレーニングで筋肉などの徐脂肪体重が増えると
基礎代謝量はどのくらい増えるのかというと、約13kcal程度になります。
少ないなって感じた方はいらっしゃるのではないでしょうか。
一般の方では筋肉が徐脂肪量に占める割合は約50%程度で身体の組織や器官の中では最も多い器官となっています。
ただ、筋肉1kgあたり13kcal・・・
やっぱり筋トレって減量効果ないんじゃないかと考えてしまいますよね。
ところが、、筋トレは自律神経や内分泌ホルモン系の働きを活性化するなどして全身のエネルギーを促進する効果があります。
単純に筋肉が1kg増えたから基礎代謝が13kcalアップ!2kg増えたから基礎代謝が26kcal
のように単純ではなく実はもう少し複雑になっています。

実際に行われた研究によると徐脂肪体重が1kg増加すると基礎代謝量が約50kcalアップした
という報告もあります。
50kcalでも大した事ないように感じるかもしれませんが、
ひと月では1,500kcal、一年では18,250kcal、それを二年、三年~と
長い目でみると大きな数値に。
徐脂肪量を増やして長く維持する期間が長くなるにつれ大きな差となって現れてくるというこですね!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

只今、入会キャンペーン実施しております。
お得なこの機会にぜひご利用くださいませ♪
キャンペーン詳細はコチラから

最近の記事

  1. カリウムで解消!

  2. 悪い油と良い油

  3. お腹が減るのは何故?

  4. ベストな体温とは?

  5. 食事で変わる?睡眠の質