ブログ

糖質制限で起こること

今日は糖質制限について触れてみたいと思います。
糖質制限は割と早い段階で体重に反映されます。
体重が変動しているのを見ると体脂肪が減ったと思われがちですが
身体の中の水分の増減によって変わっているだけなので
痩せる=体脂肪が減ると捉えられている方にとっては
「痩せていない」ということになりますね。
短期間での体重の増減は体脂肪が減っているのではなく
身体の中の水分量の変化によって起こっている場合が殆どです。

人の身体は60%以上は水分でできています。
サウナで沢山汗をかいて、体重を計ったら1kg近く減っていたなんてことザラにありますが
これは体脂肪が落ちているのではなく
水分が汗で出たことで体重が変化しているのにすぎません。
水分を摂れば元通りになります。

糖質制限は行うと身体の中の水分が抜けます。
糖質は摂取すると水分が一緒に身体の中に入るので
炭水化物を沢山摂れば一時的ですが体水分量が増えます。
逆に炭水化物を食べなければ、身体に入ってくる水分を少なくすることがででき
さらに身体の中の糖質が少なくなると肝臓や筋肉に蓄えられているグリコーゲン
という物質が減っていきます。
このような理由で体重が早く落ちるのです。

痩せる=体脂肪が減るという意味であればもう少し期間が必要になってきます。
ダイエットを始めてすぐに体重が減ると喜びたくなりますが
目先の体重だけにとらわれるのではなく、もう少し長い目でみれると良いですね。


◆野里駅近くでパーソナルトレーニングをお探しならISORA野里店へ

「糖質制限なし!三食きっちり食べて痩せる」
079-280-5115
〒670-0806 兵庫県姫路市増位新町1-8-2 A105

    

最近の記事

  1. 代謝って何?

  2. ストレッチは現代に必須

  3. どの栄養素が一番必要?

  4. ドローインの効果とは?

  5. 代謝の正しい意味