ブログ

低血糖での運動はNG?

特に持病などないのに身体が少しだるくなって手が小刻みに震える
こんな症状が現れたら低血糖の状態になっているかもしれません。
食事と食事の間隔が7,8時間と長時間空いた時は要注意です。
血液にはエネルギーであるブドウ糖が常に流れており
その血液にあるブドウ糖の量を血糖値と言います。
この血糖値は常に一定量なのですが
その一定量を下回ると手が震えたりめまいなどの症状としてでます。
この状態を低血糖と呼んでいます。
低血糖の状態のまま運動をしていてもフラフラになりますし運動の質も低下します。
せっかく運動をするなら効率よく行いたいですよね。
ですので、例えば早朝や仕事終わりの夕方以降に運動をしようと予定を立てている人は
約1時間ぐらい前におにぎりやバナナなどの軽食を摂るのがベストですね。
低血糖になったからといって急いで甘いケーキやジュースを甘いお菓子をとるのはNGです。
血糖値の急激な上下は身体にも負担がかかりますので。
健康に気をつかうなら基本的には血糖値は緩やかに上昇が理想です。
運動を行う日はゆとりをもって間食を取り入れて良いパフォーマンスが発揮できるように調整しましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

只今、ホットペッパーにてご入会キャンペーンを実施中です!
体験料、回数券がお得な料金でご利用いただけます。
【ご新規様限定】ホットペッパーのクーポンご利用で
8回チケット 通常\40,000→36,000
4回チケット 通常\22,000→20,000
お得なこの機会に是非ご利用くださいませ!(^^)!
期間は10月末日まで!

〒670-0806 兵庫県姫路市増位新町1-8-2 A105
◆野里駅近くでパーソナルトレーニングをお探しならISORA野里店へ
「糖質制限なし!三食きっちり食べて痩せる」
079-280-5115

最近の記事

  1. ミネラルを摂ってストレス減

  2. やけ食いを防ぐには?

  3. 筋肉が増えるメリット

  4. お腹が減ったら何を食べるべき?

  5. 筋力トレのスタートは早いほうが良い?