ブログ

乳酸は関係ない?

運動をするとその後乳酸が溜まって疲れがとれない。
乳酸=疲労物質と一般的には認識されています。
乳酸は身体を動かすエネルギーを作る為に糖を分解している際にできる生成物です。
短距離のダッシュや強度の高いトレーニングなどは乳酸が蓄積されやすいと言われていますね。
以前はこの乳酸が疲労を感じさせる物質として考えられていました。
なので疲れの原因である乳酸を除去させて回復をはかるという目的で様々なグッズやサプリメントなどが売られています。
ただ、乳酸はずーっと筋肉内に留まっているのではなく30分ほどで排出されます。
ということは、運動後の疲労感は乳酸が原因ではないということですね。
特定の栄養素を摂ることで乳酸が中和されて~ということもよく聞きますが、わざわざその栄養素を摂取しなくても乳酸は自然と使われ消えていきます。
また日常生活などの疲れを感じることはあるかと思います。
これも日常生活レベルの活動で乳酸が溜まることはないので、他の様々な要因が重なって疲労を引き起こしていると考えるのがよさそうですね。

 

只今、ダイエットキャンペーンを7月31日(日)まで実施しております!
期間内にご予約をいただくと、お得なキャンペーン価格でご利用いただけます。
お得なこの機会ぜひご利用くださいませ。
【夏目前】ダイエットキャンペーン
詳細はコチラから→ https://isorafitness.com/news/campaign/

    

最近の記事

  1. 筋肉が増えるメリット

  2. お腹が減ったら何を食べるべき?

  3. 筋力トレのスタートは早いほうが良い?

  4. 代謝って何?

  5. ストレッチは現代に必須