ブログ

一日何歩が理想?

今日は暖かくて良いお天気ですね。
こんな日にウォーキングやランニングしたら気持ちよさそうです。

さて、昔から一日一万歩歩くのが健康に良いと言われてきましたが
これは本当にそうなのでしょうか?
実際にそういったデータも少なく、むしろ無理して一万歩も歩く必要はなさそうです。
確かに一日の歩数が多い人の方が死亡リスクが低いというデータはありますが
そのほとんどが高齢者や病気を患っている人を対象としたものが多いそうです。
データによると一日の歩数が2000歩の人は総死亡リスクは高く
6000歩から1万6000歩までの人は死亡リスクが低くなっていたようです。
一日あたりの歩数と死亡リスクの変化の表を見てみると
2000歩の人は総死亡率、心疾患による死亡率が51%アップ、がん死亡率23%アップ
次に4000,6000、8000と歩数が増えていくにつれそれぞれの死亡リスクが低下していってました。
8000歩歩けば総死亡のリスクを51%も下げれます。
一万歩からは低下の幅が少なくなっていっている所をみると一日8000歩あたりで十分ですね。

 

◆野里駅近くでパーソナルトレーニングをお探しならISORA野里店へ
「糖質制限なし!三食きっちり食べて痩せる」
079-280-5115
〒670-0806 兵庫県姫路市増位新町1-8-2 A105

    

最近の記事

  1. 代謝って何?

  2. ストレッチは現代に必須

  3. どの栄養素が一番必要?

  4. ドローインの効果とは?

  5. 代謝の正しい意味