ブログ

一日中座りっぱなしの人は太ももがカチコチ?

体のなかでも大きな筋肉が集中するのが、下半身。
特に、太ももの筋肉は、立ったり、歩いたり、走ったりするときに使われるのですが
ここ最近ではその頻度が激減したという方も多いでしょう。
もし今、足のダルさや重さ、冷え、むくみ……「ツラいなあ」と思っていたら、エクササイズ&ストレッチをおこなってみませんか?

座りっぱなしの姿勢ですごすと・・・

これまでと比べて、“座りっぱなし”の姿勢で過ごすことが増えたという方は多いでしょう。
座りっぱなしとはその言葉のとおり、座ったままの姿勢のこと。
リモートワークが中心となり、「パソコンデスクに向かい、椅子に座って長時間仕事をするようになった」という方の多くは、座りっぱなしで
下半身の筋肉を使う機会がグッと減っていることだと思います。
下半身は、体のなかでも大きな筋肉が存在する場所。
特に、“太もも”には、大腿四頭筋(前もも)やハムストリング(もも裏)など、いくつかの筋肉からなる大きな筋肉があり
それらがポンプの役割を果たして血液・水分などの滞留を促してくれます。
ところが、座りっぱなしの姿勢が続くことで、筋肉が硬くなるとその働きも低下。
結果、足のダルさや重さ、冷え、むくみなどが現れるように……。

太ももの筋肉をほぐすことは、めぐりがいいポカポカ・スッキリとした足への近道です。
また、足に不快感があるときはもちろん、朝の軽めのエクササイズ・ストレッチとしておこなえば
体も心も軽やかにスタートを切ることができるでしょう。
「座りっぱなしの時間が長い」という方は、ぜひ参考にしてみてください♫

 

入会金+体験料金が無料となっております!

※お問い合わせは→こちら

    

最近の記事

  1. 代謝って何?

  2. ストレッチは現代に必須

  3. どの栄養素が一番必要?

  4. ドローインの効果とは?

  5. 代謝の正しい意味