ブログ

リーキーガットに気をつけましょう!

リーキーガット症候群というのは聞いたことありますでしょうか?
小腸(ガット)の粘膜に穴が空き、菌・ウィルス・たんぱく質などの異物が
血液中にリークする、つまりあふれ出るという意味になります。

日本語では、腸管壁浸漏症候群と言います。
症状としては
・過敏性腸症候群や潰瘍性大腸炎などの腸の病気
・腹痛
・肥満
・子宮筋腫や更年期障害など女性器系の病気
・花粉症や食物アレルギー、喘息やアトピーなどアレルギー系の症状
・口臭や体臭の悪化
・頭痛や発熱
・慢性的にストレスを感じる、統合失調症やうつ病、自閉症
などアレルギー反応が主になります。

食物アレルギーなども、リーキーガットが大きく関係していると言われています。
人間の体内と外界を隔てる役割を果たすのは、実は皮膚だけではありません。
消化器や呼吸器といった体内にある粘膜部分は、空気や食事などと接することから、
身体の内側にありながら皮膚同様に外部からの刺激を強く受ける部分だと考えられています。
中でも、腸は免疫細胞のおよそ70%が集まるといわれています。
本来、腸の粘膜には強いバリアがあり異物が入ることはできないようになっていますが
一度そのバリアが破られると、食物、バクテリア、ウィルス、タンパク質などが血液中に入ってしまいます。

これが原因で、様々な炎症物質が産生され、体中に炎症物質がかけめぐり、
慢性炎症を引き起こすことになります。
リーキーガットのもっとも大きな原因として考えられるのが
アルコール、高脂肪食、乳化剤、果糖ブドウ液糖を多く含む食品の過剰摂取などです。
こうした食品を好んでよく食べる人は注意が必要ですね。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

只今、入会キャンペーン実施しております!
入会金¥¥15,000→0円
体験料¥5,500
→¥3,300(当日のご入会で無料)
お得なこの機会にぜひご利用くださいませ♪
キャンペーン詳細はコチラから

最近の記事

  1. 代謝って何?

  2. ストレッチは現代に必須

  3. どの栄養素が一番必要?

  4. ドローインの効果とは?

  5. 代謝の正しい意味