ブログ

ナッツの嬉しい効果

みなさん、ナッツは好きですか?
カロリーが高い、おつまみ、食べると太る、、そんなイメージもありますが
ナッツは栄養素が豊富でダイエット中の間食としても実は優秀です。
特に注目したい栄養素が、ビタミンEです。
ビタミンEの抗酸化作用によって体内の脂質の酸化を防いで身体を守る働きがあります。
この働きから体内の細胞膜の酸化による老化や、血液中のLDLコレステロールの酸化による
動脈硬化など、生活習慣病や老化と関連する疾患を予防することが期待できます。
また、ナッツの代表的な成分の一つに食物繊維があります。
食物繊維はご存じのとおり腸を刺激して便通を改善する効果があります。
便通をがととのうことで老廃物をためにくく余分な物がでていくので痩せやすくなるメリットも。

そして、ナッツに含まれる脂質は不飽和脂肪酸
オメガ3,6、9脂肪酸と呼ばれる脂質が豊富でコレステロール値を抑える働きがあります。
くるみ→オメガ3が豊富でアレルギーを抑え肌を正常に保つ
アーモンド→オメガ9が豊富で抗酸化作用を持ち細胞を若く保つ
コレステロール値を下げることは脂肪を溜めにくくするのでダイエットに効果的と言えますね。
ただし、カロリーが高いので適正量は守るようにしましょう。
ナッツは100gあたり500~700kcalありますので適正量としては一日25g
手のひらにすると約一杯分になります。
間食の目安が200kcal以内ですので、十分収まりますね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

只今、ホットペッパーにてご入会キャンペーンを実施中です!
体験料、回数券がお得な料金でご利用いただけます。
【ご新規様限定】ホットペッパーのクーポンご利用で
8回チケット 通常\40,000→36,000
4回チケット 通常\22,000→20,000
お得なこの機会に是非ご利用くださいませ!(^^)!
期間は12月末日まで!

最近の記事

  1. やけ食いを防ぐには?

  2. 筋肉が増えるメリット

  3. お腹が減ったら何を食べるべき?

  4. 筋力トレのスタートは早いほうが良い?

  5. 代謝って何?