ブログ

タンパク質だけじゃない胸肉の栄養

鶏のむね肉はタンパク源として優秀ですが
実はそれだけではなく、身体に疲れをとるのに有効な成分が入っています。
イミダペプチドという抗疲労成分が入っているのはご存じでしょうか。
人は活動する時、身体は大量に酸素を使いますが、
その過程で生まれるのが活性酸素です。
活性酸素は強力な酸化作用で細胞を傷つけ細胞の機能を低下させてしまいます。
酸化ストレスが引き金になって疲労し
身体の老化も加速すると言われています。
イミダペプチドは疲労を緩和し回復させる成分なので
積極的に摂りたい栄養素でもあります。

イミダペプチドはカツオ、マグロなどにも含まれていますが
鶏むね肉に一番イミダペプチドが含まれています。
鶏むね肉は低脂肪、高たんぱくの食材ですので
とっても優秀な食品というのがわかりますね。
そんなイミダペプチドですが、一日200mgを目安に毎日摂ると
疲労回復効果が期待できると言われています。
これは鶏むね肉100gを食べれば摂れる量になります。
皮を外した状態だとむね肉一枚あたり大体200gほどありますので
半分ぐらいを毎日食べるようにすると良いでしょう。

 

◆野里駅近くでパーソナルトレーニングをお探しならISORA野里店へ
「糖質制限なし!三食きっちり食べて痩せる」
079-280-5115
〒670-0806 兵庫県姫路市増位新町1-8-2 A105

    

最近の記事

  1. カリウムで解消!

  2. 悪い油と良い油

  3. お腹が減るのは何故?

  4. ベストな体温とは?

  5. 食事で変わる?睡眠の質