ブログ

ジャンクフードなぜダメと言われる?

イライラした時、ついジャンクフードが食べたくなくなりますよね。
ストレス発散の為に食欲に任せて脂っこいものや甘いものを好きなだけ食べることはよくあることです。
では、何故高カロリーなジャンクフードが欲しくなくるのでしょうか。
ハンバーガー、ピザ、スナック菓子、ドーナツ・・・
これらの食品は脳の報酬中枢を活性化させます。
この活性化が頻繁に起こると
ストレスホルモンが分泌される=ジャンクフードを食べるという図式
関係性が脳にインプットされるようになります。
そうすると更に食品が欲しくなりより多くジャンクなものを求めて食べてしまいます。
普段、脳には食べ過ぎを抑制する働きをするところがあるのですが
ストレスなどを感じている時はその部分の機能が適切に働かなくなります。
また高カロリー高脂肪、高糖質なものばかり食べていると体脂肪の増加だけなく
睡眠に関わるホルモンへの影響も引き起こされます。
それが新たなストレスの原因となってまたジャンクフードを食べてしまう・・・
という不健康なサイクルに陥ってしまいます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

只今、ホットペッパーにてご入会キャンペーンを実施中です!
体験料、回数券がお得な料金でご利用いただけます。
【ご新規様限定】
8回チケット 通常\40,000→36,000
4回チケット 通常\22,000→20,000
お得なこの機会に是非ご利用くださいませ!(^^)!
期間は9月末日まで!

〒670-0806 兵庫県姫路市増位新町1-8-2 A105
◆野里駅近くでパーソナルトレーニングをお探しならISORA野里店へ
「糖質制限なし!三食きっちり食べて痩せる」
079-280-5115

    

最近の記事

  1. 代謝って何?

  2. ストレッチは現代に必須

  3. どの栄養素が一番必要?

  4. ドローインの効果とは?

  5. 代謝の正しい意味