ブログ

コレステロールとは?①

健康診断でコレステロール値が高いと言われて悩んでいる方は世の中に結構いらっしゃるかと思います。
コレステロール値を下げようと思って、油ものを控える、トクホのお茶を飲む、運動をする・・・
等々色々試したことはあるのではないでしょうか。
今回はそんな方へ向けてコレステロールとはどんなものなのか?ザックリと紹介します!

まずはコレステロールは何かというと脂質の一つで主に細胞の膜、ホルモン、胆汁酸の材料になります。
人の身体に存在して健康の為に重要な役割を担っています。
コレステロール=単純に身体に悪いものというイメージですが
血液中で過剰に増えるのもよくないし、逆に不足するのも実はよくないのです。
コレステロールにも善玉、悪玉がありますが両方のバランスが一定に保たれているのが理想です。
善玉も悪玉も同じコレステロールですので、血液に乗って各細胞に送られるのですが
コレステロールは脂なので血液と交わることができない為、「リボタンパク質」
というものがトラックの役割を担って各所に運んでいきます。

リボタンパク質にはLDLとHDLが存在します。
悪玉と言われるのはLDLで肝臓でつくられたコレステロールを全身に運び増えすぎると動脈硬化を起こします。
悪玉コレステロールと呼ばれているものですね。
一方でHDLは余分なコレステロールを回収してくれるので善玉コレステロールと呼ばれています。
本来はこの善玉と悪玉のバランスが一定を保たれているのですが
崩れると健康に悪影響がでてきてしまいます。
特に血液中のLDLが増えると動脈硬化や最悪の場合心筋梗塞や脳梗塞など
命に関わる疾患を発症するので気をつける必要があります。

 

◆野里駅近くでパーソナルトレーニングをお探しならISORA野里店へ
「糖質制限なし!三食きっちり食べて痩せる」
079-280-5115
〒670-0806 兵庫県姫路市増位新町1-8-2 A105

    

最近の記事

  1. 代謝って何?

  2. ストレッチは現代に必須

  3. どの栄養素が一番必要?

  4. ドローインの効果とは?

  5. 代謝の正しい意味