ブログ

カギを握るのは成長ホルモン

成長ホルモンと聞いて何を思い浮かべますか?
身長を伸ばす、若返るなどといったワードが先に浮かぶと思います。
実はダイエット面においても非常に重要で、体脂肪を分解する作用もあるのです。
運動科学の世界では体脂肪に関する研究が頻繁に行われてきました。
そこでわかったことは「成長ホルモンは体脂肪分解のカギを握る」
ことと「お腹周りの脂肪を減らすのに効果的」ということです。
ある実験によると成長ホルモンを静脈注射して、そのあと中性脂肪の分解を調べたそうです。
成長ホルモンを注射したグループは二時間後には、血中脂肪酸、グリセロールともに約2倍に増えてたのです。
これは簡単に言うと体脂肪が2倍多く分解されたということです。
体脂肪は脂肪細胞の中で中性脂肪として蓄えられるのですが
必要に応じて中性脂肪を脂肪酸とグリセロールに分解して血液中に遊離します。
血液中の脂肪酸とグリセロールの濃度は体脂肪の分解の指標になります。
この2つの量が多いということはそれだけ沢山体脂肪が分解されたということですね。
また、成長ホルモンによって太ももより腹部の脂肪が多く分解されることもわかっているようです。
注射を打たなくても、筋肉中の乳酸濃度を高めるような筋トレや短時間の強度の高い運動
などでも成長ホルモンの分泌を高めますので運動はやはりダイエットおいては必須ですね。

 


〒670-0806 兵庫県姫路市増位新町1-8-2 A105

◆野里駅近くでパーソナルトレーニングをお探しならISORA野里店へ
「糖質制限なし!三食きっちり食べて痩せる」
079-280-5115

    

最近の記事

  1. やけ食いを防ぐには?

  2. 筋肉が増えるメリット

  3. お腹が減ったら何を食べるべき?

  4. 筋力トレのスタートは早いほうが良い?

  5. 代謝って何?