ブログ

筋肉と温度

筋肉と温度の関係

運動前にウォーミングアップを行うのには理由があります。
何気なく行っているようにみえて

きちんとした意味があるのです。
筋肉、神経、心臓などの働きは
温度に強く依存していると言われています。
例えば、筋肉をギュッと収縮させるのも
神経の活動も
エネルギーを作ったり、

エネルギーを使って体を作ったりする
代謝なども酵素が働いて細胞が反応しているのです。

ウォームアップの意味

酵素としてのタンパク質の働きは
温度に強く依存しています。
さまざまな酵素がありますが
温度が10度上がるとより活性化することがわかっています。
なんと約2.5倍も!

この時に筋肉の柔軟性も増すので
肉離れや腱の怪我などの予防になります。

深部の体温が37.8度に上昇した時
身体的なパフォーマンスは
平均温度の時にくらべ30%もアップする

というデータもあるようです。
この温度になるべく近づくように、
体を温めることが
ウォームアップの目的になります。
小学生の頃に適当に行っていたラジオ体操
じつは結構大事な運動だったりします^ ^

入会金+体験料金が無料となっております!

※お問い合わせは→こちら

    

最近の記事

  1. やけ食いを防ぐには?

  2. 筋肉が増えるメリット

  3. お腹が減ったら何を食べるべき?

  4. 筋力トレのスタートは早いほうが良い?

  5. 代謝って何?