ブログ

ウォーキングのすすめ

運動が苦手な人はまずはウォーキングからでもOK!

ウォーキングはランニングなど他の有酸素運動と比べ怪我のリスクも低く比較的始めやすい特徴です。
「キツい」運動ではないですが、全身へ血液を送り出す心臓は強化されるので、どの年齢の方にも手軽に始めれます。
また、有酸素運動ですから継続することで酸素を運搬する運動能力の向上も期待できます。
酸素の運搬能力を測るのには心拍数の応答を用いますが、ウォーキング運動を継続した場合、歩行時の心拍数は減っていきます。
これは酸素運搬能力が向上していることを意味します。

肥満予防としてウォーキングを取り入れるのもオススメです。
ある研究データでは肥満傾向のある中高年男性に対し食事制限なしの週3回、45分のウォーキング9ヶ月実施してもらったところ、中性脂肪やコレステロール値が下がったという報告があります。
もちろん食事制限ありのグループは更に良い数値が出たのではないかと思れます。

メンタルにも作用

心が身体に影響を与えることもあればその逆も然り。
身体が心へ影響を及ぼすこともあります。
適度な有酸素運動を定期的に行うと脳の血液中にエンドルフィンといホルモンが増加します。
ストレスを受けた際、苦痛や痛みを緩和してくれるホルモンになります。
脳内麻薬とも言われるやつですね。
ウォーキング中でもこれが分泌されるのです。
ここ最近は少しばかり気温がさがり朝夕と過ごしやすくなってきました。
運動が苦手な人はまずはウォーキングからはじめてみてもいいかもしれませんね。

 

※お問い合わせは→こちら

    

最近の記事

  1. 代謝って何?

  2. ストレッチは現代に必須

  3. どの栄養素が一番必要?

  4. ドローインの効果とは?

  5. 代謝の正しい意味