ブログ

ささみにこだわらなくてもOK

ダイエットやボディメイクを進めていくうえで
大事な要素が睡眠、食事、運動の3本柱になります。
その中でも食事についてはかなり気をつけている方は多いのではないでしょうか。
食事の内容を見直すうえでタンパク質の量を意識して摂ることはかなり重要になってきます。

なぜこんなにひつこくタンパク質、タンパク質
と言われているのかというと
人の身体の約60%は水分、15%~20%はたんぱく質でできていて
水分を除けば人体の約半分はタンパク質でできているからです。
タンパク質はただ単に筋肉の材料というだけでなく、
臓器、毛、爪、体内のホルモン酵素、免疫物質などを作り出しています。
タンパク質が日々合成と分解を繰り返すことで髪や爪が伸びたり
筋肉や臓器も再生していきます。

食事でタンパク質が不足すると合成と分解のバランスが崩れ
筋肉量の低下、抜け毛、爪われ、肌荒れといった不調を招きやすくなります。
特に日頃から運動をしている人は
トレーニングなど筋たんぱくが分解されるので修復する為に合成量を
増やす必要があります。

そこで、、タンパク質が摂れる食品をザっと紹介していくので
日々の食事の中に積極的に取り入れていってくださいね。
今回は飽きている人も多いと思うので定番のささみと鶏むね肉以外で

・ローストビーフ(100g当たり 21g)
・生ハム(100gあたり 24g)
・豚ロース(100gあたり 19.3g)
・魚肉ソーセージ(100gあたり 11.5g)
・油あげ(100gあたり 18.6g)
・ツナ缶油漬けライト(100gあたり 17.7g)
・バナメイエビ(100gあたり 19.6g)
・クロマグロ(100gあたり 26.4g)
・メバチ(100gあたり 25.4g)
・さんま(100gあたり 18.5g)
・ぶり(100gあたり 21.4g)
・鮭(100gあたり 22.3g)

参考になれば幸いです。

 

◆野里駅近くでパーソナルトレーニングをお探しならISORA野里店へ
「糖質制限なし!三食きっちり食べて痩せる」
079-280-5115
〒670-0806 兵庫県姫路市増位新町1-8-2 A105

    

最近の記事

  1. 代謝って何?

  2. ストレッチは現代に必須

  3. どの栄養素が一番必要?

  4. ドローインの効果とは?

  5. 代謝の正しい意味