ブログ

お酒は太るのか?

肝臓が手一杯になる

アルコールのカロリーは1gあたり約7kcalです。
また体内に入ると身体の熱として発散されたり体内にエネルギーとして蓄積されないエンプティカロリーと言われています。
だから少し飲んだぐらいでは太らないよね、って人もいます。
エンプティはカロリーが空っぽというわけでなく、栄養が空っぽという意味になります。

ではアルコールでなぜ太りやすいのかというとエネルギーの貯蔵の邪魔するからです。
アルコールは人にとって有害なものになりますのでまずはこれを早く分解しようとします。
アルコールは肝臓でアセトアルデヒドという物質に分解されますが、この毒の処理は最優先の作業になります。
なので、アルコールを摂っている間は肝臓は必死に解毒作業を行い、通常行われるはずの取り込んだグリコーゲンの貯蔵を後回しにします。
本来であれば食後に上昇した血糖をインスリンがグリコーゲンに変え筋肉や肝臓に運んでいきます。
しかし、アルコールの処理に手一杯になっている肝臓はグリコーゲンを取り込んでくれなくなります。
行き場がなくなった肝臓へ貯蔵するはずの分が脂肪細胞に運びこまれることになってしまうのです。
ストレスの解消や食事を楽しむためコミニュケーションツールとして軽く嗜む程度が良いですね。

 

只今、ダイエットキャンペーンを7月31日(日)まで実施しております!
期間内にご予約をいただくと、お得なキャンペーン価格でご利用いただけます。
お得なこの機会ぜひご利用くださいませ。
【夏目前】ダイエットキャンペーン
詳細はコチラから→ https://isorafitness.com/news/campaign/

    

最近の記事

  1. 代謝って何?

  2. ストレッチは現代に必須

  3. どの栄養素が一番必要?

  4. ドローインの効果とは?

  5. 代謝の正しい意味