ISORA OFFICIAL BLOG

いいお天気が続いていますね♫

夏を満喫されていますか?

さて、熱中症予防の観点からも、適度に冷房を使うことは大切です。

ただ、あまり室温と外気温の差が激しいと、人間の体はそのギャップについていけなくなるといわれています。

元来、人間は体の機能を一定に保つ自動調整システムを持っています。

暑ければ血管を拡張させて熱を逃がしますし、寒ければ血管を収縮させて熱を止めておくのです。

こうした優れたシステムを駆使して、人間は季節を問わず36℃前後の平熱をキープしているのです。

とはいえ、さすがに機械ほどの精密なコントロールは望めません。

この調整システムを司る自律神経は、5℃以上の急激な気温変化で、上手に体をコントロールできなくなってしまいます。

極度に冷えた室内と猛暑の屋外を行き来していると、頭痛が起きたりするのはそのためです。

もちろん、冷気に長く当たりすぎて、具合が悪くなることもあります。

冷房がもたらす数々の不調は、「冷房病」「クーラー病」とも呼ばれています(*_*)

冷えすぎ防止のためにも、軽く汗をかく程度の運動をすると血のめぐりがよくなるので、体の末端まで温まります。

そして、夏でもシャワーですませるのではなく、ぬるめのお湯にゆったり浸かるのがおすすめです♫

体が芯から温まりますし、リラックス効果も期待できます(^o^)

暴飲暴食を避け、睡眠もしっかり取って、冷え対策を心がけましょう♫

 

体験トレーニング当日にご入会いただきますと、入会金+体験料金が無料となっております

※お問い合わせは→こちら