ISORA OFFICIAL BLOG

夏になるとスーパーののぼりなどでよく見かける「土用の丑の日」。

「土用の丑の日」がどんな日か簡単に言うと、「季節の変わり目」のことです♫

日本では古くから、暦にあわせて季節が変わるときに特定の料理を食べたり決まった行事をしたり、さまざまな習慣が続けられてきました。

「土用の丑の日」も、そんな古くから続く慣習のひとつで、暦に関係しています。

夏の土用には「う」のつく食べ物を食べる習慣があったそうです。

その代表格が「うなぎ」です。

夏の「土用の丑の日」は、ちょうど暑さが一年の中でもっとも厳しく、夏バテになったり食欲不振となったり、体が疲れやすくなる時期。

そしてうなぎは栄養価が高く、夏の暑さを乗り切るためのスタミナ補充にもピッタリ。

そのため、江戸時代頃からうなぎを食べるならわしが定着していきたと言われています。

うなぎはタンパク質もたっぷりあります(^o^)

タンパク質補給と夏バテ防止にピッタリの食材ですね♫

 

 

体験トレーニング当日にご入会いただきますと、入会金+体験料金が無料となっております

※お問い合わせは→こちら