ISORA OFFICIAL BLOG

人間は、体温が下降する時に眠気を感じます。

お風呂に入ると体温や心拍数が上がるため、いったん交感神経が強まり、目が覚めたような感覚を覚えます。

お風呂から出ると今度は体温が徐々に下降していき、徐々に眠気を感じ、自然に眠ることができます♫

つまり、質の高い眠りを得るためには、体温をスムーズに下げることが重要になってきます。

ストレッチや筋トレをしたあとには体温が上がり、交感神経も高ぶった状態が続いていることが多いです。

それを抑えるために、入浴をすることもおすすめです^_^

結果、副交感神経が優位になり、スムーズに入眠することができます(-_-)zzz

また、質の高い眠りを得るには、快適な環境も必要です。

「睡眠ホルモン」であるメラトニンは強い明かりを浴びると分泌しなくなるので、夜、部屋は暖色系の明かりにし

眠る時は暗くしましょう(^^)

夏は冷房や冷たい飲み物で体が冷えますよね~^^;

夏こそ、ゆっくりお風呂につかって自律神経を整え、質の高い睡眠を心がけましょう♫

 

 

体験トレーニング当日にご入会いただきますと、入会金+体験料金が無料となっております

※お問い合わせは→こちら