ISORA OFFICIAL BLOG

 

 

人は、生まれながらに必ず「肥満遺伝子」というものを持ち合わせています。

では、どんなタイプの肥満があるのでしょうか?

・皮下脂肪型肥満(洋ナシ形肥満)

・内臓脂肪型肥満(リンゴ型肥満)

・混合型肥満(全身肥満)

・たんぱく非吸収型(バナナ型)

★皮下脂肪型肥満(洋ナシ形肥満)

・お尻や太ももに特に脂肪がつきやすい

・お尻が横に張っている

・太りやすく痩せにくい

・むくみやすい

などが洋梨体型の特徴です。

原因として、脂質を多く含むものを食べすぎていたり、運動不足により下半身の筋肉が衰え浮腫みが蓄積したりすることが原因として挙げられます。

脂質代謝が苦手な遺伝子を持ち合わせていますので、脂質を多く含むものを過剰摂取することで、その脂質をうまく代謝できず、どんどん下半身に皮下脂肪が付いてきてしますのです。

★内臓脂肪型肥満(リンゴ型肥満)

・お腹が前に張り出している

・比較的下半身は太りずらい

などが、リンゴ型体形の特徴です。

★混合型肥満(全身肥満)

・下半身、上半身どちらも太っている

こちらのタイプは、「脂質代謝」「糖質代謝」のどちらも苦手なタイプで、糖も油も代謝できず、全体的に脂肪が付きやすいタイプです。

★たんぱく非吸収型肥満(バナナ型肥満)

手足が長く、ひょろっとした体型。

食べたものが比較的早くエネルギーとして消費されるため、基本的には太りにくい。

たんぱく質が不足しがちで筋肉がつきにくい

筋肉が減って基礎代謝が落ちると太りやすくなる

などの特徴が挙げられます。

たんぱく質の吸収がしずらい体質のため、筋肉が付きにくいという特徴があります。

筋肉が付きづらい分、一度太ると痩せずらい体質でもあります。

いかがでしょうか?太ってしまう原因は必ずあります。

原因を把握して、対策しましょう!

 

 

 

只今、野里店限定入会キャンペーンを実施しております。

キャンペーン期間中にご入会いただきますと入会金¥11,000円が無料となっております。

お得なこの機会に是非ご利用くださいませ。

お問い合わせはコチラから→https://isorafitness.com/nozato//contact