ISORA OFFICIAL BLOG

 

今日は冬至です♫

毎年12月22日頃に、一年で最も夜の長さが長くなる日があり、これを冬至と言います。

昔は冬至の日は「死に一番近い日」と言われており、その厄〔やく〕を払うために体を温め、無病息災を祈っていました。

この慣わしは現在も続いています。

一年で最も夜の長い日

冬は植物が枯れ、動物は冬眠してしまうため、食料が手に入りにくくなります。

更に日照時間が短いため生命の源である太陽の恵みを享受することが出来にくく、人々は生活の不安を感じていました。

特に北半球では、冬至に対する不安は大きかったようです。

そこで無病息災を祈るために、野菜の少ない季節に栄養を補給するためのかぼちゃを食べたり、その香りに邪を祓う霊力があると信じられている柚子のお風呂に入るなどして夜を越していたようです。

冬至は「とうじ」と読みますが、これを「湯治〔とうじ〕」とかけて生まれたのが柚子湯(柚子を入れたお風呂)です。

柚自体にも意味があり、「融通〔ゆうずう〕が利きますように」という願いが込められているそうです。

また、柚子には血行を促進する成分や、鎮痛作用のある成分が含まれています。

更にビタミンCも豊富なため、湯につかり全身からそれらの成分を吸収することで風邪をひきにくくする効果があります。

今日はあたたかくして、お休みください♡